バイアグラの歴史情報サイト

バイアグラの特許切れになるまでの期間

バイアグラはすでに特許切れの期間を過ぎているので2014年の5月からジェネリック医薬品が製造されるようになりました。これらの薬はバイアグラとは名称が異なりますが同じ成分で作られているので、効果もほとんど同じであると考えられています。しかしジェネリック医薬品の場合は製造工程や衛生管理などに不安があるので、日本の場合はED改善薬としてバイアグラを処方する病院がほとんどです。ジェネリック医薬品はインドで製造されることが多いのですが、成分にばらつきがあるので不安な場合にはバイアグラを処方してもらうことができます。しかしインターネットで購入をする場合にはバイアグラではなくジェネリック医薬品を購入することになるので、本物かどうかをしっかりと確かめてから購入することが必要になります。一般的には事前に口コミ情報などを参考にするとその業者の信頼性を知ることができるので、信頼と実績を兼ね備えた業者に依頼をして購入することが望ましいとされています。バイアグラは心臓疾患や血管に障害がある場合には慎重に服用しなければならないので、医師と相談をして服用しなければなりません。また高血圧症で薬を服用している場合は飲み合わせが悪い場合があるので、必ず薬剤師に相談をしてから服用しなければ意識障害などの危険な副作用が出る可能性があります。バイアグラは勃起状態を薬によって維持させるので体力の有無にかかわらずセックスをすることができます。とくに高齢者の場合には体力があまり無いのにもかかわらず勃起状態が維持できるので、過度なセックスによる心臓に対する負担などを考慮しなければなりません。バイアグラの服用は根本的な治療ではないので、過度に依存することはよくありません。