バイアグラの歴史情報サイト

バイアグラを服用すると陰茎の血管が即効で脈打つ

勃起力が低下してくると、若いころの脈打つような射精感を得られなくなるものです。
フル勃起状態のペニスに触れると、血管がドクドクしているのがわかるはずです。
この感覚は10代~20代をピークに減退していき、30代に突入すると軽度のEDに悩まされる方も出てきます。
EDがやっかいなのは、何もしなければ症状が悪化していくことです。
対策をせずに元の状態までペニスが元気になることはありません。
精力剤を服用すればペニスは回復しますが、バイアグラのような即効性はありません。
すぐに体感したい方は、バイアグラなどのED治療薬を服用するべきです。

はじめてバイアグラを服用する方は、その優れた効果に感動することでしょう。
性行為の1時間前に服用する薬ですが、空腹時に服用すると効き目がかなり早くなります。
即効で陰茎の血管が脈打ち、10代や20代に戻ったように錯覚するほどです。
ペニスに芯が入ったように硬くなり、中折れの心配もなくなります。
挿入時は問題ないという男性も、中折れを繰り返すようならEDだと考えていいでしょう。
正常に射精できない状態をEDと呼ぶため、挿入はできても射精しなければEDなのです。

即効でペニスが元気になったら、そのまま挿入して問題ありません。
陰茎海綿帯に沢山の血液が送り届けられ、血液によりペニスが膨張しているのです。
常に大量の血液が流れることで、勃起力は4~5時間も継続してくれます。
1回の性行為としては十分な時間であり、焦ることなくプレイにのぞめます。

オナニーでは勃起するけど、性行為のときはペニスの血管が浮かない、といった症状を抱えている方にもバイアグラはおすすめです。
オナニーで射精できても、肝心なときにペニスが立たないようでは性生活は成り立ちません。