バイアグラの歴史情報サイト

薬局で手に入らないバイアグラは個人輸入で入手

薬局では、バイアグラは売っていません。
バイアグラはED(勃起障害)治療薬としてとても効果のある薬ですが、病院で処方箋をもらわないと買うことが出来ません。
病院処方を受ければ良いということになりますが、もっと手軽に入手したいケースもあるでしょう。その場合には、薬局ではなく個人輸入を頼るという方法があります。
薬局は実物販売ですが、個人輸入はネット通販なので実物が見られないというデメリットはあります。しかし、処方箋が不要なので、まわりの人に知られずにED治療をすることが出来ます。
バイアグラを個人輸入したいならば、業者選びには慎重になる必要があります。個人輸入は、代行業者という専門の業者を介して買う方法です。個人輸入代行業者は数多くあり、中には粗悪品や偽物を扱っているところもあります。
偽物を買ってしまわないようにするには、まずはバイアグラの正規品について知識をつけておくと良いです。
まず、認可されているバイアグラは有効成分25mgと50mgの2種類です。青と白のデザインの外箱に入っています。錠剤は青色をしています。錠剤の形はやや平べったいひし形です。
病院処方での価格は25mgが1,300円、50mgが1,500円です。ネット通販ではこの価格よりもだいぶ値下げしているところもありますが、あまりにも安すぎる場合には、品質管理で手抜きしている可能性もあります。安いからといって飛びついてしまわないようにしましょう。
バイアグラは硝酸剤という狭心症の治療薬とは併用禁忌になっています。一緒に飲んでしまうと血圧が下がりすぎて心肺停止になってしまう危険性もあります。現在処方されている薬との相性が悪くないかを確認しておきましょう。