バイアグラの歴史情報サイト

ED治療医薬品バイアグラは病院処方が安全

ED(勃起障害)の治療薬として使われている医薬品の一つに、バイアグラがあります。男性ならば知らない人はいないと言われている薬で、1998年1月にアメリカで発売されたのが最初です。錠剤が特徴的で、平べったいひし形で青色をしています。
バイアグラは日本では薬価基準未収載の薬品なので、日本全国どこの病院に行っても保険適用にはなりません。全額自己負担での購入になります。
病院処方のバイアグラの値段は、25mgで1,300円、50mgで1,500円、となっています。どちらも1錠分の値段です。25mgと50mgでは200円しか差がないので、有効成分50mgの錠剤を買って、分割して飲むと費用が節約出来ます。「薬を分割しても良いのか」というのはよく聞かれる疑問ですが、問題ありません。実際、海外で作られた医薬品は欧米人の大きな身体用に作られているため、小柄な日本人がそのまま使うと効果が強すぎる可能性があります。なので、分割して飲むというのは普通に行われています。
薬の分割利用は薬物依存症の治療などでも使われている方法です。少しずつ量を減らして、なくても大丈夫と思わせるのが狙いです。
バイアグラの場合も、自力で勃起できる自信がついてきたら少しずつ分割する数を多くしていくと良いでしょう。最初は25mg、もっと細かくして5mg、最終的には0mgで自力で勃起できるようになれば成功です。
バイアグラはネット通販で購入することも出来ますが、粗悪品や偽物などを入手してしまう危険を冒したくないならば病院処方が一番安全です。病院で診断してから処方してもらえば現在の体の具合や薬の飲み合わせも確認してもらえるので、安心して使うことが出来ます。