バイアグラの歴史情報サイト

バイアグラ販売までの歴史

EDに悩む男性は世界中にいらっしゃいますが、現在では勃起不全は年齢やストレスのせいではなくペニスへの血流を阻害される物質が原因ということが分かり、どなたでもED治療を受けることができるようになりました。
このED治療の中心的薬がバイアグラです。
世界で最も広く利用されており、同時に世界初のED治療薬でもあります。

バイアグラは米国のアメリカ食品医薬に1998年に認可を受けてED治療薬として発売されました。
それからこのバイアグラは世界中の勃起不全に悩む方のED治療薬として広まっているのですが、この薬の歴史をたどると必ずしも最初からED治療薬として開発されたわけではないことがわかります。

そもそもはじめはこのバイアグラは狭心症の症状を改善する薬として研究開発されてきました。
その副作用として勃起不全を解消することがわかったのです。
主成分であるシルデナフィルという化学合成物質を研究していたイギリスのファイザーサンドウィッチ研究所では狭心症の患者の血圧を下げる効果期待して臨床を繰り返していました。
その臨床試験の際に偶然にも患者が強い勃起を引き起こすことを発見しました。
このシルデナフィルは狭心症の血管障害に関する効果よりも、勃起障害を解消する効果あるとわかり、急速にED治療薬としての研究開発が進められるようになりました。
現在では安全性が高く十分な勃起を得られる薬として日本でも認可を得て、クリニックにて処方されるようになりました。

このバイアグラを中心として現在ではそれぞれメリットを持ったレビトラやシアリスなどといったさまざまな治療薬が開発されていて、EDに悩む方は自分に合ったED治療薬を選べるようになっているのです。
もう一度書かせてもらいますが、バイアグラの成分はシルデナフィルですのでお忘れなく。

■その他のED治療薬について
ジェネリックでもあるメガリスの効果はこちら
カマグラゴールドの効果と体験談について